集中力をあげるためにやっていること

集中力をあげるためにやっていること

集中力をあげるためにやっていること

集中したい時に限って、いろいろ余計なものを見てしまいます。
また、疲れている状態でも集中しなければいけない時にやっていることがあります。
一度寝転がり、考えることをやめることです。
本当に集中したいならば、集中したいと考えるのをやめるのが一番いいです。
前はなにかをじっと見たり、いろいろやりました。
一番時間がかからず、効果があったのは一度考えるのをやめることでした。
時間がないと焦っているときほど、集中しなければいけないと考えるものです。
でも、そうしてしまうとますます集中できないものです。
一度今の状態を変える必要があります。
そのために、一度寝転がってみるといいです。
今まで違ったことを考えることができるからです。
もちろん、寝転がらなくても座ってみるもよし、移動してみるのもいいです。
とにかく、気分が変わる方法ならばいろいろ試してみるとよいです。
ひとつ気をつけなければいけないことは、時間をかけてはいけないということです。
時間をかけてしまうと、だんだんとだらけてきてしまうからです。
長くても五分ないし十分程度にすることが必要です。

一度だらけてしまうと、そのままずるずるといってしまうことになり、また明日でいいやという結末になります。
ただ、集中力はある程度練習が必要です。
気分を変えても、集中できない時はあります。
短時間しか集中できない時もあります。
そんな時は、こんな日もあるだろう程度に思っておくとよいです。
毎日少しずつ集中できる時間は増えていくからです。